白さんのFF14

初心者向けのFF14解説

OBS Studioの設定 YouTube Live編

f:id:admiker:20180913195442p:plain

最近一人でダラダラと配信しております白ですどうもどうも

私の場合、配信は趣味というか

「おおー綺麗に配信できてるな!」とか「ここ設定変えようかな」とか

ブログでもそうなんですが、弄るのが好きなんですよ。そういう自己満足の世界

 

で、ネットの海には様々な設定の話がありまして、それぞれ十人十色ですから

私の設定もこの海に流してしまおうということで今回記事にするわけです

 

この記事はPCスペックの低い人向けです。あとグラボ持ってる人向けでもある

 

 

 

まずは↑からダウンロードしてね

 

設定

私の場合ですが、とりあえず負荷を下げないとやってられないのです

PCスペックが低いってのが主な理由です

f:id:admiker:20180501140405p:plain

 

私の場合ですが、エンコーダーをNVENCにしています

これはGTX600番以降で使用できるシステムでございます

FF14をプレイしている人だと大体はグラボを積んでて、恐らく対応していると思います

 

レートはCBR。実はVBRの方が画質は良いんですが、ライブ中に視聴者が閲覧しにくいエンコードなんですわ

なので、動画編集などではVBRをおすすめしますが、ライブだとCBRの方が良いです

 

ビットレートは4500。NVENCだとビットレートを結構上げないと画質がものすごく悪くなるのですが、これも上げすぎるとスマホでは止まりまくって見れないとかそういう問題が多々発生するわけです

 

5000とか6000とかは完全にPC視聴向けです。しかも回線が良い人じゃないと見れない

万人に見てもらえる負荷で尚且つ画質がそこそこ良いというラインを狙うのであれば、このくらいが丁度いいと思います。

 

キーフレーム間隔は2です。これは公式の推奨値です。

公式のURLこちら↓↓

 

プリセットはブルーレイ。これは恐らく最高設定なんでしょうけど、負荷はグラボに掛かるうえに、ゲームに影響は無いし、PCも重くならないので、思い切って最高設定にしました。

ていうかこれ以外の設定にするとめっちゃ画質悪いっていうのがある。

 

プロファイルはHigh。どうやらSD画質だとmainのほうが品質は良いらしいんだけど、これは720pで出力しているのでHighでいいんじゃないかと思います。

 

レベルは4.1にしています。これも色々解像度によって設定が難しいらしいんだけど、上げることによるロスってそんなに大きくないみたいなので、とりあえず万能型の設定にしています。 

 

後は画面の解像度を1280×720にして、FPSを30にしたら終わり!

 

FPSに関してですが、60にすると単純に処理が2倍になるので、さすがにNVENCで配信すると確実にビットレートが足りません。文字が読めなくなる感じ。まあそれでもPS4の配信よりは多少輪郭がはっきりしているので、サクサク動く画面が好きって人は60にしてもいいかもしれない

 

音声ビットレートは128です

160とか、そこらへんまで上げても別にいいのだけれど、ビットレートによって圧縮システム?が変わったり色々するらしいので、とりあえずデフォルトの設定にしました

 

もし音声に命を注いでいるイケメン配信者などの場合は、256とかにすると幸せになれるかもしれない・・・?

 

 

少なくともこの設定にすれば、PS4の配信よりは確実に画質が良くなりますし、CPU使用率も驚異の5%とかそういうレベルで配信できるわけです

 

 

私としては、寝っ転がって配信見るのが就寝前の楽しみなわけですよ。そのためにiPad買いました。38000円、しかも旧型。安物買いの銭失いとは・・・これ以上はいけない。

 

もし設定で四苦八苦している人がいて、これ参考にして配信が上手くいくといいなーって思います